Skip to content

SvoFXについて

WHO WE ARE

SvoFXは、洗練されたトレーディングソリューションを提供する外国為替およびCFDブローカーです。グローバルな投資家のさまざまなニーズを満たすために、テクノロジープラットフォーム、競争の激しい取引条件をリードし、高品質の顧客サービス、小売顧客および金融機関への幅広い金融デリバティブ取引に努めています。

私たちは、あなたを有名なグローバルな投資銀行とブローカーのプール接続して、40以上の通貨の価格設定と流動性への直接アクセスを提供します。そして、高品質な取引環境として、タイトなスプレッド、低い手数料、最新のテクノロジーを提供することに重点を置いています。

ミッション

最高の取引サービスを提供するという私たち使命であり、クライアントが幸せを維持にすることだけはなく、クライアントが幸せを見つける手助けをすることにあります。 私たちは、いつでもどこでも最適な顧客満足を提供するという私たちの主な目的であり、この目的に沿って推進します。

そのなかでもクライアントに最先端の技術ソリューションを提供することであり、最良の状態で取引するためには、これらの手段は不可欠です。
最適な取引条件からカスタマイズされた個々のブローカーサービスや顧客志向のサービスサポートまで、私たちの仕事はクライアントを成功に導くこと、つまりトレーダーを成功に導くことです。

理念

私たちがここで行うこと、基本理念は「正しいことを行うこと」に基づき行われます。適切な倫理と価値観が決定の指針となり、クライアントの最善の利益を念頭において行われます。

  • Custometr Firstお客様第一
  • Integrity誠実さ
  • Agility変化に機敏に

誠実という価値

当社の取引における透明性は、私たちが強く守る価値です。 業界の規範的基準および道徳的基準に準拠して、すべての責任を果たすために全力を尽くします。

COMPANY会社・事業内容

会社名 SVOFX LTD
設立 2014年
本社 First Floor, First St. Vincent Bank Ltd, James Street Kingstown, St. Vincent and the Grenadines.
電話番号 1 784 485 6124
資産タイプ 外国為替、株式指数、貴金属、エネルギー、暗号通貨
取引プラットフォーム Metatrader4
流動性プロバイダー 8
グループ会社 Svoda Global Markets Limited (Canada)
Svoda Global Limited (Singapore)

Liquidity Providers


Barclays
BNP Partners
Cefdex
Credit Suisse
Goldman Sachs
Jefferies
HP Morgan
UBS

HISTORYSvoFXの歩み

2014-2015

2014-2015

  • SVOFX LTDの誕生と会社設立。
  • SVOFX LTDは、FXのグローバルオンライン取引のマーケットに参入。
    SVOFXブランドは、効率的な資産形成のための高品質なサービスを提供を開始し、世界のトレーダーから支持される一歩となりました。情熱と誠意を持ち、後発であることの利点と決意とともに。
  • SVOFXは、オンライン取引へ完全移行を完了し、すべてのライブ取引を、革新的でありユーザーフレンドリーであるMetatraderプラットフォームで行える環境となりました。
2016-2017

2016-2017

  • SVOFX LTDは香港オフィスを開設し、アジア市場拡大へ歩み始めます。
  • クライアント5万人目の開設を見届けました。サービスと環境整備とともに急激にではなく着実に浸透しています。SvoFXは、すべてのクライアントとパートナーとともに成長を目指します。
  • 株式指数の取引をするための独自条件を整えてプロモーションを開始しました。
2018-2019

2018-2019

  • SvoFX内部も強化し続けています。ユーザービリティと最新機能を実装したニューCRMに移行。トレーダーの運用に柔軟性を高めるマルチアカウント管理や独自方式のコピートレードアカウントが利用可能となりました。
  • トレーダーにとって有益となる厳選した4つの暗号通貨の取引の提供を開始し、24時間365日のアクセスを可能にしました。
  • パートナーシップIBプログラムのリターンを増強し、IBレベルのレベルアップ条件を改定しました。パートナーのIBビジネスを促進させる結果となっています。
  • サポート環境の整備のため、香港オフィスからカスタマーサポートセンターをシンガポール拠点へ移転しました。なかでも、日本語サポートセクションの充実を図ったことも大きな成果で表れました。